住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

床板を張る

ウッドデッキを作っていると、少しずつ出来上がってくる工程に満足しているのではないでしょうか。これは、手作りならではの嬉しさですよね。

 

では、基礎部分ができあがったら、次はいよいよ床板を張っていくことになります。床板が増えていくことに、どんどんウッドデッキらしくなっていく作業になりますので、作業も楽しくなってくるはずですよ。

 

まずは、この床板を隙間なく張っていくことになります。床板は、ステンレスコースレッドで固定していきましょう。床板を固定していく際には、2本の木ネジを用いていくことになります。ネジを打ち込む際、ネジの頭が揃っていないと、見た目があまり良くないですよね。そのため、木ネジを打つ際には、木ネジがバランスよく見える位置を選び、そこに目印をつけてから、打つようにしましょう。床板の幅に合わせて、中央になるように目印をつけていくと、木ネジが均等に並びますので、見た目も綺麗になりますよ。

 

床板は、隙間なく張っていくことにはなりますが、1枚1枚の間には3mmから5mm程度の感覚を開けた方が良いでしょう。何枚か続けて貼っていくと、途中でずれなどを感じることがあると思います。そんな時は、メジャーなどを使って水平に張れているか確認しましょう。

 

また、この作業を行っている際に、木材のねじれや反りなどを見つけることもあると思います。縦方向の場合には、押さえてビス留めをすることで矯正を行うことが可能となります。横方向の倍には、片方を留めた状態で、くさびを挟んで打ち込むと、強制することが可能となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市